工作と競馬2

電子工作、プログラミング、木工といった工作の記録記事、競馬に関する考察記事を掲載するブログ

Raspberry Pi Picoを初起動

概要

Raspberry Pi Picoを動かした。



背景と目的

最近、Raspberry Pi Picoと名乗るマイコンボードが出た。基板サイズはArduino Nanoくらい。RAMやクロック周波数を見ると性能は全然こちらのほうが高そう。そして550円とかなり安いので、とりあえず試したくなって買ってしまった。(ESP32など同価格帯でもっと高性能なおもちゃは手元にあるのだが・・・) というわけで、ひとまず動かしてみる。



0.実施環境

  • Windows 10 PCを使用
  • MicroPythonを使用

1.調達

スイッチサイエンスで売ると書いてあったので入荷通知を待っていたのだが、通知があった数時間後に売り切れになっていた。これは入手に手間取りそうだと思っていたが、その数日後、秋月のネットショップを何気なく見たら、普通に売っていた。というわけで、秋月で購入。


2.マニュアル類を読む


3.実物を触る

3.1 MicroPython本体を書き込む

Raspberry Pi Picoには、標準で用意されたMicroPythonインタプリタ以外に、こちらのような独自拡張したMicroPythonを作って入れることもできるが、それは必要になったらおいおいやるとして、今回はとりあえず標準のMicroPythonを使用する。

https://www.raspberrypi.org/documentation/pico/getting-started/

まず、上記から、.uf2というRaspberry Pi Pico用MicroPython本体をダウンロードする。

次に、マニュアルに従い、BOOTSELボタンを押しながら、USBケーブルを接続すると、RPI-RP2というストレージが表示された。uf2ファイルをドラッグアンドドロップすると、ストレージが消える。これでMicroPython本体は書き込めたらしい。

Tera Termでシリアルポートを開くと以下のようになった。とりあえず、動きそう。

f:id:dekuo-03:20210219004249p:plain

3.2 LEDを点灯させる

SDKのドキュメントを見ながら、基板に載っているLEDをON/OFFしてみた。 Tera Termで直接入力したところ、LEDがON/OFFできた。成功。 GPIOを直接触るには、machineモジュールのPinを使う。Pinの引数modeにOUT/INなどを設定して入出力を設定する。オープンドレインやALTという周期動作をするモードもあるらしい。SDKのドキュメントには詳しく描いてあるので、そのうち試す。

from machine import Pin

led = Pin(25, mode=Pin.OUT)

# 点灯
led.on()

# 消灯
led.off()

3.3 MicroPython IDE Thonny

ターミナルに直接入力していてもしょうがないので、IDEでコードを作成してpyファイルを実行させたい。 Raspberry Pi Pico Python SDKのドキュメントにあるMicroPython IDE Thonnyを使うことにした。

https://thonny.org/

上記URLから、Windows用をダウンロードしてインストール。

マニュアルに従って、インタプリタの設定を行う。

f:id:dekuo-03:20210219005911p:plain

f:id:dekuo-03:20210219005920p:plain

いよいよ、コードを書く。

f:id:dekuo-03:20210219005942p:plain

実行ボタンを押したところ、1秒周期で点滅した。成功。


まとめと今後の課題

Raspberry Pi Picoを動かした。次は、すぐに何かしたいわけではないが、ADCあたりを使ってみるか。