工作と競馬2

電子工作、プログラミング、木工といった工作の記録記事、競馬に関する考察記事を掲載するブログ

プランター台(植木鉢台)を1000円ちょっとで作る

概要


プランター台(植木鉢台)を1000円ちょっとの予算で作ることができた。



背景と目的


11月に入り日中の日の高さが低くなってきたため、ベランダ内の床に直置きしていた植木にあまり日が当たらなくなってきた。そこで、プランター台に乗せて高い位置に置いてやりたいのだが、希望の値段とサイズの既製品がいまいち見つからなかったので、自作することにした。


詳細


1. 実現したいもの

  • 高さ60cm程度(日当たりを考慮した高さ)
  • 幅60㎝程度(とりあえず今ある植木鉢2つが十分乗る幅)
  • できるだけ安く、できれば1000円程度できること(既製品で欲しいものとなると2000円以上のものが多い)


2. 設計

2.1 全体のイメージ図

f:id:dekuo-03:20201130004337p:plain

2.2 詳細の設計

以下の通り、SPF 1×4材 6F(約182cm)を4本ほぼ余らせず使う。

f:id:dekuo-03:20201130004305p:plain

低予算なので買った材料を余らせずに使うことが重要。組み立てにはスレンダースレッドネジ35mmが48本必要。 材料費の概算としては、

  • SPF 1×4材 6F(約182cm)は一本約250円
  • スレンダースレッドネジ35mmは200~300本まとめ買いのセットが300~500円くらいで買えるので、48本分なら100円程度

材料費は全体で1100円程度と思われる。


3. 製作

3.1 材料調達

SPF 1×4材は、近所のホームセンターで4本合計で1050円だった。(スレンダースレッドネジは手持ち品があったので買わなかった。)というわけで、予定通り1000円ちょっとで調達完了。

3.2 切り出し

切り出しは、購入先のホームセンター内の工作スペースで行った。コロナ禍で客が少ないせいか、貸し切り状態。素早く作業が進んでよかった。

f:id:dekuo-03:20201129214729j:plain

余ったのは設計通り以下の4㎝程度。ほとんど無駄がない。

f:id:dekuo-03:20201129214724j:plain

3.3 組み立て

まず、スノコ状の天板と底板を作る。

f:id:dekuo-03:20201129214737j:plain

次に、脚を天板、底板の側面に付けて台の形ができてくる。

f:id:dekuo-03:20201129214745j:plain

最後に、三角形の補強材をつける。

f:id:dekuo-03:20201129214752j:plain

3.4 完成形

イメージ通りの形になった。ぐらつきはなく、十分な強度がありそう。

f:id:dekuo-03:20201129214759j:plain


4. 試用

試しに乗せてみたのが以下。十分役割を果たせそうだ。 右端に乗っているのは、以前作成した自動水やり器。

f:id:dekuo-03:20201129214806j:plain


まとめと今後の課題


プランター台を1000円ちょっとの予算で作ることができた。


kerasのサンプルプログラム用データセットのロードがうまくいかないとき(cifar10の場合)

問題

kerasのサンプルプログラム

https://github.com/keras-team/keras/tree/2.3.1/examples

の中にあるサンプルcifar10_cnn.pyを動かした際、

cifar10.load_data()

の部分で、Internal Server Error 500が出てしまって、https://www.cs.toronto.edu/~kriz/cifar-10-python.tar.gzがダウンロードできなかった。そのため、先に進むことができなかった。

解決策

(こちら)https://github.com/tensorflow/tensorflow/issues/32278を参考に、

としたところ、cifar10.load_data()で解凍したデータが読み込まれエラーは出なくなった。

なので、ダウンロードでうまくいかなかったらこの方法で回避すれば大丈夫。たぶん、cifar100でも同じではないだろうか。やってないが。

一定量が出せる調味料ボトル さじかげん(Sajikagen) を使ってみる

概要


定量が出せる調味料ボトル さじかげん(Sajikagen) を使ってみる。



背景と目的


コロナ禍で在宅勤務になったため、今まで妻に任せていた料理を自分がやる機会が増えたのだが、自分で手を動かしてみるといろいろと気づくことがあった。その中で、調味料を計量することが自分としては面倒だと思った。そこで、解決にトライする。


詳細


1. 課題の整理

感じている課題は、

  • 調味料を入れるときは、鍋を火にかけた状態が多いので、作業時間をかけたくない
  • 調味料は、お得な大きなボトルで買うほうが値段的にはお得だが、料理の際には重みで手がふらつき、出したい量が出しづらい
  • 計量さじを出したり、洗ったり、しまったりすることにも精神的なコストを感じる

といったところだ。

2. 解決策

いろいろ考えた結果、

定量が出せる機能がある手ごろなサイズ(重さ)のボトル

が最もよいだろうと思った。

3. 調達

Amazonで、以下のようなものを見つけた。 10ccあるいは15㏄=大さじ1が出せるもののようだ。 ということで、早速購入。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FQPHAM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

4. 試用

調味料の代わりに水を入れて実験。 まずは10㏄。いい感じでちょうど10㏄が出せた。

f:id:dekuo-03:20201122000129j:plain

次に、15㏄。やや少なめに感じるがまあほぼ15㏄出せている。

f:id:dekuo-03:20201122000142j:plain

持ちやすさという点でも、ホットドックにかけるケチャップのボトルくらいのサイズなので重すぎず軽すぎずちょうどよい。360ccなので、大さじでいうと24杯分だから、毎日大さじ1出しても、1か月弱継ぎ足ししなくてもよいということだ。とりあえず、私の場合は十分な量かなと思う。


まとめと今後の課題


定量が出せる調味料ボトル さじかげん を使ってみた。量の精度もまあまあよく、これは有用そうだ。


ソーラー発電式自動水やり器を作る(6) --- 3か月動作実績まとめ

概要


自動水やり器の3か月間の動作実績をまとめた。



背景と目的


8月に製作した自動水やり器は、

といった複数の技術要素を初めて使ってみた。そのため、ちゃんと動き続けるか心配だったが、ここまでの3か月間は動き続けてくれた。そこで、いったんここまでの動作実績をまとめて、今後の展開について考える。


詳細


1. ソーラーパネル+リチウムイオン電池

8月末に暗電流を減らす変更を行った後、昼間にほぼ満充電になるサイクルを続けられている。昨年、基礎実験としてソーラーパネル+エネループでトライしたときと違い、1か月程度でメモリ効果で充電ができなくなってしまうこともなく、ずっと初期と同じような動作が続けられているのでよかった。今後もちゃんと動き続けてくれそうだ。あとは、梅雨場のような日照が長期間ないときにどうなるかだが、システム全体の消費電力がとにかく小さいので、いまのままだと数日曇ったくらいでは全然平気なのではないか?と思う。ソーラーパネルと電池がオーバースペックかもしれない。

f:id:dekuo-03:20201121225250p:plain

2. 土壌水分センサと水やりタイミング

土壌水分センサの値(青、左軸)の変化と、水やりタイミング(黄、右軸、1が給水あり)をまとめたのが下のグラフ。なお、赤は水瓶の水位センサの値で、0が水なし。 センサの値が2400を超えたら、ポンプを動かし水やりを行うという設定どおり、動作している。 9月初頭のセンサの値の大きな変化は、ホースがポンプから外れてしまうトラブルが起きたため、復旧作業中に植木鉢から外したり差し込み位置を変えたりしたため。そこから、少し差し込み位置を試行錯誤したのだが9/20以降は差し込み位置を変えていないので、それなりに値が安定している。10月後半からの直近1か月では、2,3日に一度という頻度で給水するサイクルが続いている。

f:id:dekuo-03:20201121225242p:plain

3. 感想、今後の展開について

このシステムが稼働してから、毎日植木鉢の様子を見て水をやるかどうか判断するということが全くなくなった。植木鉢が小さいせいか、水の消費量も少なく、水瓶に貯めた水はなかなかなくならないので、だいたい2週間~3週間に1回くらいに一度、水瓶に注水だけでよい。システム導入の効果は十分あったと思う。

とりあえず、ここまででシステム導入効果が十分あることがわかったので、家庭菜園をやればもっと有益な気がする。手間をかけずに野菜を育てられるかもしれない。その場合は、センシング+水やりが1系統しかないので複数系統に増やす必要がある。


まとめと今後の課題


自動水やり器の3か月間の動作実績をまとめた。今後は、複数系統に増やして家庭菜園で使うことを検討したい。


Raspberry Pi Imagerを使ってSDカードにOSイメージを書き込んでみた

概要


]Raspberry Pi Imagerを使ってSDカードにOSイメージを書き込んでみたところ、今までより作業手順も少なく、時間も短くて済むため非常に有用だとわかった。



背景と目的


最近たまたまラズパイのOS入りSDカードを1枚作らなきゃいけなかったので、Raspberry Piの公式サイトでOSイメージをダウンロードしようとしたら、Raspberry Pi Imagerなるものが公開されていたので、試しに使ってみる。


詳細


1. Raspberry Pi Imagerをダウンロード

www.raspberrypi.org

2. 使ってみる

立ち上げると、OSバージョンとSDの入っているドライブを選択する画面が出るので選択。ここでは、Raspberry Pi OSを使用。これも実は初物。あとで、別途使用感を調べる。

f:id:dekuo-03:20201112002654p:plain

WRITEボタンを押すと、書き込み開始。裏で、イメージのダウンロードをしていると思われるが、結構速くWritingのプログレスバーが伸びていく感じがする。

f:id:dekuo-03:20201112002659p:plain

所要時間は、トータル20分弱だった。今までだと、

  • ダウンロード
  • SDのフォーマット
  • OSの書き込み

と3つの手順を別々のツール(ソフトウェア)で順に作業していた。このツールだとダウンロードしながら書き込みしてくれるし、1つのツールで作業ができる。通信状況にもよるが、OSイメージのダウンロードから書き込みまでのトータル時間は今までより速いし、すごく楽になったと思う。

失敗した場合

SDカードが粗悪品だったせいか、失敗した。

f:id:dekuo-03:20201112005619p:plain


まとめと今後の課題


Raspberry Pi Imagerを使ってみた。今までより作業手順も少なく、時間も短くて済んだ。とても良いと思う。


屋外用ベンチの製作(4) 再塗装

概要


屋外用ベンチ製作から1年がたったので、再塗装を行った。



背景と目的


約1年前に、屋外用ベンチの製作を行った。1年たったので、再塗装をした。


詳細


1.状況確認

現在の状態が以下。座面がひどく劣化している。

f:id:dekuo-03:20201103220555j:plain

もともとの状態は、以下。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dekuo-03/20191026/20191026211027.jpg

撥水をうたう塗料で、塗装はしたはずだったのだが、この劣化具合だと効果がないと言わざるを得ない。 (まあ、塗り方の問題もあるのかもしれないが。)


2.作業

2.1 やすりがけ

まず、表面が劣化している部分をやすりがけし、元のような表面を出すことにした。面積が広いため、電動サンダーを用いて、削ったのだが、意外と手ごわくて、結局ずいぶん時間をかけた割に元のような表面を出すまでには至らなかった。

f:id:dekuo-03:20201103220604j:plain

2.2 塗装

今回使用する塗料は、和信ペイントの屋内外用ニス。色はケヤキとつやありクリアの混合とした。ケヤキだと色が強すぎるため。

以下が1回目の塗装が終わったところ。

f:id:dekuo-03:20201103220614j:plain

2回目が以下。より濃くなった。※カメラの問題で、あまり濃く見えないが。

f:id:dekuo-03:20201103220623j:plain


3.所感

一応撥水塗装をしていたので、まさか1年でこんなに劣化してしまうとは思わなかった。1年間、雨も日も避けられない場所に置いていたので決して楽な環境ではなかったのは確かではあるが。 やすりがけをしても元の表面がなかなか出てこず、かなり深くまで劣化していた。もはや、塗装するより座面の板を丸ごと交換した方が楽だったかもしれない。 今後は、屋外用の木製品を作るときは、しっかり対策をしたい。


まとめと今後の課題


再塗装を行った。