工作と競馬2

電子工作、プログラミング、木工といった工作の記録記事、競馬に関する考察記事を掲載するブログ

PlayStation4(PS4)の純正コントローラを分解する

概要 PlayStation4(PS4)の純正コントローラを分解し、L2/R2ボタン、アナログスティックの構造の確認と、外部から乗っ取って制御する方法を試した。 概要 背景と目的 詳細 1. 入手 2. 分解 2.1 裏蓋、裏蓋を外す 2.2 L2/R2ボタン 2.3 アナログスティック 3. …

boto3でLambda関数を呼び出すinvokeメソッドの引数ClientContextを使い方を確認

概要 boto3でLambda.client.invokeの引数ClientContextを使い方を確認してメモした。 概要 背景と目的 詳細 呼び出し側 呼び出される側 まとめと今後の課題 背景と目的 boto3でLambdaを呼び出す際、呼び出し先関数へ渡すペイロードの仕様を変えずに、追加で…

IFTTTが有料化するので、Webhooks/LINE Notify連携レシピの代替をAWSで検討する

概要 IFTTTのWebhook+LINE Notify連携の代替として、AWS API Gateway + Lambdaの動作を確認した。 概要 背景と目的 詳細 1. LINE NotifyのAPI 1.1 トークンの取得 2 試しに送信 3. APIGateway + Lambda 3.1 APIGateway 3.2 Lambda 3.3 試し実行 まとめと今後…

リモート水位センサ筐体内温度の上昇を抑えるカバーの効果を検証、2年目稼働状況のまとめ

概要 リモート水位センサ筐体内温度の上昇を抑えるカバーの効果を検証し、期待通りの効果があったことを確認できた。 背景と目的 今年もいよいよ稲刈りの時期が来て、田んぼに水がなくなったため、リモート水位センサも出番が終わった。2年目のシーズンも故…

気づいたら、LINEの通話呼び出し(音またはバイブレーション)がされなくなっていたので直した

概要 LINEの通話呼び出しがされなくなっていたので直した。 背景と目的 最近、自分や周りの人のスマホで、LINEの通話がかかってきたときに音もバイブレーションもなく気づけないというトラブルが起きていた。メッセージよりも即時性が求められる通話の呼び出…

ソーラー発電式自動水やり器を作る(5) --- 無動作時消費電力の低減 ---

概要 自動水やり器の無動作時消費電力を低減させるための回路の変更を行い、無駄な消費が減ったことを確認した。 背景と目的 前回完成した自動水やり器だが、陽が落ちてソーラー発電がなくなると、意外と電池の電圧が下がるのが速いことに気づいた。そこで、…

ソーラー発電式自動水やり器を作る(4) --- マイコンソフトの製作、完成 ---

概要 前回に引き続き、マイコンソフトの製作を行い、システム全体が完成した。 背景と目的 前回に引き続き、マイコンソフトの製作を行い、完成させる。 詳細 1.主な仕様 やりたいことは以下。 一定時間ごとに起動し、それ以外の時間はできるだけ消費電力を下…

ソーラー発電式自動水やり器を作る(3) --- 筐体の設計、製作 ---

概要 前回に続き、回路基板を入れる筐体と水瓶を製作した。 背景と目的 前回に続き、回路基板を入れる筐体と水瓶を設計、製作する。 詳細 1.回路基板を収納する筐体 1.1 満たすべき要件 前回作製した電気回路の基板は薄い木製ベースボードに装着したので、そ…

ソーラーパネルで発電してリチウムイオン電池を充電する

概要 ソーラーパネルで発電してリチウムイオン電池を充電するための回路を作成し、動作を確認した。 背景と目的 最近作成している自動水やり器は、ソーラーパネルで発電した電力を電源として利用すること考えている。そこで、ソーラーパネルで発電し、それを…

tarでアーカイブを作成するときに気を付けること(展開先のパーミッションを変化させてしまわないため)

先日、tarでアーカイブを作成し、あるディレクトリに展開したところ、展開したディレクトリのパーミッションが変わってしまった。このせいで、展開先ディレクトリにある他のファイルを参照していた他のプログラムがエラーを起こしてしまい、ひどい目に遭った…

ソーラー発電式自動水やり器を作る(2) --- 電気回路の設計、製作 ---

概要 前回に続き、電気回路の設計と、製作を行った。 背景と目的 前回に続き、電気回路の設計と、製作を行う。 詳細 1. 回路全体 以下。ただし、ソーラーパネル発電とリチウムイオン電池まわりはここには書いていない。別途、描く予定。 1.0 電源まわり 大元…

ソーラー発電式自動水やり器を作る(1) --- 構想検討 ---

概要 植物の自動水やり器の構想を検討した。 背景と目的 およそ1年半前に、こちらで、同じようなタイトルの記事を書いたが、途中で他の製作が忙しくなりやめてしまっていた。最近、やっと手を付ける余裕ができたので、リスタートする。まずは、改めて構想を…

ESP-WROOM-32 起動直後におけるGPIO出力レベルが、ポートごとに異なることについて調べてみた

概要 ESP-WROOM-32で、起動直後におけるGPIO出力レベルがポートごとに異なることを確認し、対処方法について考察した。 背景と目的 先日、ArduinoでESP-WROOM-32をいじっていたところ、GPIOの起動直後における出力レベルがGPIOポートごとに異なるようにみえ…

小型ポンプを試す

概要 自動水やり用の小型ポンプを試し、動作を確認した。 背景と目的 およそ1年数か月前、こちらの記事で、自動水やりシステムを作りたいと書いた直後、リモート水位センサのシステムの製作により、中断してしまっていたのだが、ようやくまた作りたいと思う…

Amazonの激安USBシリアル変換アダプタを試す

概要 激安USBシリアル変換アダプタが使えるか試し、いくつか修正を施すことで動作することを確認した。 背景と目的 最近、USBシリアル変換アダプタをもう1個欲しいなと思って探したところ、Amazonで400円の激安品を見つけた。 www.amazon.co.jp レビューを見…

土壌水分センサ(DFRobot社Gravityシリーズ)の動作電源電圧の下限を調べる

概要 土壌水分センサ(DFRobot社Gravityシリーズ)の動作電源電圧の下限を調べた。 背景と目的 スイッチサイエンスで売っていた土壌水分センサを使用したいと考えている。動作電圧下限は仕様書上3.3Vである。 今回使用を想定する電源は、ソーラーパネルとリチ…

ApacheでFlask Appをデーモンで動かすためのメモ

ApacheでFlask Appをデーモンで動かすときにつまずいたのでメモしておく。 そもそも、なぜデーモンで動かしたいかというと、 デーモンにしない場合、セッション毎(というかアクセス元IPアドレス?何で判断しているのかよくわからないが)に、アプリが別プロ…

LEDバーライトの自動操作

概要 LEDバーライトの自動操作を自動操作するための改造を行った。 背景と目的 最近、LEDバーライトを使用することになった。希望とする仕様としては、 給電直後から点灯する 明るさ、色の調整ができて、給電遮断後も記憶できる という2点。しかし、購入前に…

Python ログ出力用コードスニペット

概要 Pythonでログを画面出力したり、ファイル出力したりするときのコードスニペットをメモ。とりあえず、自分がすぐに使いそうなもの。 詳細 import logging import logging.handlers as handlers # TimedRotatingFileHandler # ログのフォーマット logForm…

リモート水位センサ筐体内温度の上昇を抑えるためのカバーを装着

概要 リモート水位センサ筐体内温度の上昇を抑えるためのカバーを装着した。 背景と目的 前回、筐体内温度の上昇を抑えるための基礎実験を行い、10℃程度の抑制効果を得られそうな感触を得た。そこで、リモート水位センサへ同様の構成でカバーを装着する。 詳…

リモート水位センサ筐体内温度の上昇を抑えるための基礎実験

概要 リモート水位センサ筐体内温度の上昇を抑えるための基礎実験を行い、遮光シートによる温度上昇抑制効果を確認した。 背景と目的 以前作成したリモート水位センサは、日当たりのよい田んぼに設置してあり、筐体はシリコンゴムシートで遮光したアクリルボ…

nmcliで、複数の無線ネットワーク設定のうち、システム起動時に特定のネットワーク設定を接続させる

概要 nmcliで、複数の無線ネットワーク設定のうち、システム起動時に特定のネットワーク設定を接続させることができた。 背景と目的 あるシステムで、複数の無線ネットワークが利用可能な環境で、起動時には特定のネットワークに接続し、その後アプリケーシ…

Wi-Fiアクセスポイントにする

概要 RaspberryPiをWi-Fiアクセスポイントにするときにちょっとハマったので、メモ。 背景と目的 RaspberryPiをWi-Fiアクセスポイントで動かそうと思い、適当にやったら意外とハマってしまったので、次回ハマらないようにメモしておく。 詳細 0.実施条件およ…

WebViewを使ってWebアプリを表示させるアプリを作った時にやったことメモ

概要 WebViewを使ってWebアプリを表示させるアプリを作った時にやったことをメモした。 背景と目的 最近、Webアプリでユーザージェスチャーなしで音声が自動再生されるようにしようとしたところ、ブラウザの制約上どうしても難しいことが分かった。(Web上で…

STATUS LED(ACT LED、緑LED)を移設

概要 RaspberryPiのSTATUS LED(ACT LED、緑LED)を移設した。 背景と目的 Raspberry PiのSTATUS LED(緑LED)は、基板上に実装されているため、基板を筐体などに収めて、見えないところに設置した場合、動作状態を見ることが難しい。今回、ある事情で電源がOFF…

ソレノイドを動作させてみた

概要 ソレノイドを動作させてみた。 背景と目的 ある事情で、ソレノイドの動作確認をする必要が出た。私は一度も動かしたことがないので、動かしてみる。 詳細 1.対象 以前、コインセレクターの件で、コンセレクターで使用している部品。型番など正体はわか…

ESP32用micropythonで、numpy, scipyライクなパッケージmicropython-ulabを組み込み、FFTしてみる【ulab v0.36.0版】

概要 ESP32用micropythonで、micropython-ulabを組み込んだファームウェアを作成し、無事FFTを実行することができた。また、動作速度も、前回の自前実装FFTより数倍高速化できた。 背景と目的 前回、FFTを実行するためC実装の自作モジュールを組み込んだファ…

evdevとthreadingでスイッチ操作イベントを非同期で読み取り

概要 evdevとthreadingでスイッチ操作イベントをメインスレッドとは非同期で読み取って処理する簡単な方法を調べたときのメモ。 背景と目的 evdevを使って、スイッチ操作イベントをメインスレッドとは非同期で読み取る必要が出たため方法を調べたところ、asy…

決定木分析 自分用メモ

参考 pythondatascience.plavox.info qiita.com 必要パッケージインストール pip install scikit-learn pip install dtreeviz dtreevizにはGraphvizが必要なので https://graphviz.gitlab.io/_pages/Download/Download_windows.html ユーザー環境変数PATHに…

水田の水位をリモートで監視するシステムを作る(9) 2020年シーズン向け改善とメンテナンス

概要 昨年作製したリモート水位センサシステムの使用開始前に、何点かの改造とメンテナンスを行った。 背景と目的 昨年作製したリモート水位センサシステムを今年も使用する時期がやってきた。昨年ちゃんと動いてはいたが、半年以上動かしていないことと、昨…