工作と競馬2

電子工作、プログラミング、木工といった工作の記録記事、競馬に関する考察記事を掲載するブログ

APIGatewayとLambdaを一緒に使うためのメモ

背景と目的

APIGatewayとLambdaを一緒に使う場合、設定項目がたくさん用意されていて自由度は高いのだが、いろいろありすぎてどんな時に何をすればいいかわからなくなる。公式ドキュメントを読まずともある程度のことが分かるようにメモしておく。



前提

  • APIGatewayに入ってきたリクエストを、APIGateway>統合リクエスト>マッピングテンプレートを用いてJSONに成型して、Lambdaの引数eventに引き渡す


APIGateway

設定

バイナリメディアタイプ

バイナリとして受け入れるContent-Typeを設定する。たとえば、application/octet-streamやimage/jpegなど。設定しておかないと、Unsupported Media Typeというレスポンスが帰ってきてしまう。ここで設定したら、統合リクエスト>マッピングテンプレートの$input.bodyにbase64エンコードされた文字列が入るようになる。


リソース


メソッドリクエス

編集中


統合リクエス

HTTPヘッダー

  • Lambdaの引数event.params.headerに渡すデータの設定ができる。
  • クエリパラメータ、パスパラメータ、リクエストヘッダーなどいろいろなものをマッピング可能。

マッピングテンプレート

リクエストのパススルー

  • そのままだと、リクエストボディがJSONであることを期待して、jsonパースしてLambdaの引数event.body-jsonに入れる。JSONパースできない場合、Lambdaに到達する前に怒られる。
  • Content-Typeがtext/plainの場合、以下のようにすれば文字列を入れられる。
"body-json": "$input.body"

統合レスポンス

編集中

メソッドレスポンス

編集中


Lambda

引数event

マッピングテンプレートの生成 = リクエストのパススルーのとき

{
    "body-json": "{ボディ}",
    "params": {
        "path": {
            "pathParameter": "value",
            :
        },
        "querystring": {
            "queryParameter": "value",
            :
        },
        "header": {
            "Accept": "*/*",
            "Accept-Encoding": "gzip, deflate, br",
            "Cache-Control": "no-cache",
            "CloudFront-Forwarded-Proto": "https",
            "CloudFront-Is-Desktop-Viewer": "true",
            "CloudFront-Is-Mobile-Viewer": "false",
            "CloudFront-Is-SmartTV-Viewer": "false",
            "CloudFront-Is-Tablet-Viewer": "false",
            "CloudFront-Viewer-Country": "US",
            "Content-Type": "{Content-Type}",
            "Host": "{api-id}.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com",
            "User-Agent": "PostmanRuntime/7.29.0",
            "Via": "1.1 22512dca1de1fae848b2509fed0309aa.cloudfront.net (CloudFront)",
            "X-Amz-Cf-Id": "FXfKr5sbNKhgGGfyTwehKew20UNqXsoPp7xyDL-y8TqgAkwCnWr94w==",
            "X-Amzn-Trace-Id": "Root=1-6215f7c0-12c8260b2b11d6fe7f74d914",
            "X-Forwarded-For": "54.86.50.139, 130.176.137.78",
            "X-Forwarded-Port": "443",
            "X-Forwarded-Proto": "https"
        }
    },
    "stage-variables": {
        "type": "object",
        "description": "ステージ変数"
    },
    "context": {
        "account-id": "",
        "api-id": "{api-id}",
        "api-key": "",
        "authorizer-principal-id": "",
        "caller": "",
        "cognito-authentication-provider": "",
        "cognito-authentication-type": "",
        "cognito-identity-id": "",
        "cognito-identity-pool-id": "",
        "http-method": "POST",
        "stage": "{デプロイ先ステージ}",
        "source-ip": "{アクセス元IPアドレス}",
        "user": "",
        "user-agent": "********************",
        "user-arn": "",
        "request-id": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
        "resource-id": "{リソースID}",
        "resource-path": "{リソースパス}"
    }
}

event.params.header

  • リクエストヘッダーは、何もしなければそのままここに入る。
  • APIGateway>統合リクエスト>HTTPヘッダーで対応を定義すると、別のヘッダー名に変えて追加することもできる。
  • クエリパラメータや、

event.body-json

  • APIGateway>統合リクエスト>マッピングテンプレートで、リクエストのパススルーを選んだ場合、リクエストボディがそのまま入るが、JSONである必要がある。
  • JSON以外の場合は、APIGateway>統合リクエスト>マッピングテンプレートを参照。

event.stage-variables

APIGatewayのステージ変数で定義した値が入る。

{
    "stage-variables": {
        "abc": "value",
        :
    }
}