工作と競馬2

電子工作、プログラミング、木工といった工作の記録記事、競馬に関する考察記事を掲載するブログ

コインセレクターで遊ぶ

概要

コインセレクターを試しに使い、かなりうまく判別できることを確認した。


背景と目的

とある事情で、硬貨の種類を判別する必要が出たため、コインセレクター(硬貨判別機、硬貨識別機?)を使うことにした。早速入手し、試しに動かす。


詳細

1.使用するコインセレクタ

使用するものは以下。アーケードゲームなどのコイン挿入口についているようなもの。Amazonで約2000円だった。似たようなものがいくつもあり、判別できるコインの数が違ったりするようだが、紛らわしくてわかりづらかった。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07MCBRQ8V/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

今回買ったものは、HX-616という型番のものらしい。

  • 最大6種類の判別ができるらしい
  • 自分の好きな種類のものをサンプリングして記憶させておける
  • 電源は12V

とのこと。そして、判別できるか試したいのは、

  • 100円
  • 10円
  • 50円

の3種類。

使い方については、こちらなどを参考にさせてもらう。


2.電源を入れてみる

まず気になるのは、電源端子が5ピンあるにもかかわらず、4ピン分しか端子名が書いてない。残り1つがよくわからないが、とりあえず12VとGNDというところに手持ちの直流安定化電源をつなぐ。

電源は無事入った。電流は100mA弱というところ。

f:id:dekuo-03:20200130222545j:plain


3.覚えこませる

次に、コインをサンプリングして特徴を覚えこませるには、付属の説明書の手順に沿ってボタン等を押していく。煩雑なので詳しく書かないが、

  • サンプリング試行回数(特徴を読ませるためにコインを投入する回数)
  • 判別結果として出力する値の設定(後述のパルスの個数)
  • 判別精度(判別の厳しさみたいなもの?)

などを設定として与え、実際にサンプリングさせる、といった手順になる。今回は、以下の設定とした。

  • サンプリング回数は10
  • 出力値はそれぞれ10円=1, 100円=2, 50円=3
  • 精度は8(取説の推奨値を使用)
  • サンプリングさせるコインは1個体のみ

f:id:dekuo-03:20200130222554j:plain


4.精度を試す

判別結果は、本体の7セグLEDでも見られるのだが、電源端子と並んでいるCOINという名前の端子にも出力されているようなのでオシロスコープで観測するのだが、参考に挙げたサイトにある通り、オープンコレクタ出力のようなので、1.2kΩの抵抗を介して5Vラインにつないだ。

f:id:dekuo-03:20200130222516p:plain

登録した出力値と対応する数のパルスが出力されるようだ。また、パルス幅は、本体のSpeedSwitchなるスイッチの設定により、Fast/Medium/Slowでそれぞれ30msec/50msec/100msec程度となるようだ。

問題の精度だが、とりあえず20回ずつくらい挿入してみた。コインは学習と同じものを使用。

  • 10円: 間違いはないが、返却回数やや多い
  • 100円: ほぼ100%
  • 50円: ほぼ100%

どれも、他と誤って判別されることはなかったので、いい感じに判別できているのではないだろうか。では、別個体の場合は、どうか。

  • 10円: 間違いはないが、返却回数やや多い
  • 100円: ほぼ100%
  • 50円: ほぼ100%

10円は、普通の自販機でも返却されることが多いが、まあそういう傾向なのだろう。さらに、登録していない硬貨も試してみると、

  • 1円: すべて返却
  • 5円: すべて返却
  • 500円: すべて返却

となり、ちゃんと返却された。

ということで、日本の硬貨でもそれなりにちゃんと判別できることがわかった。10円については、学習のやり直しや設定見直しなど、改善の余地はあるかもしれない。


まとめと今後の課題

コインセレクターを試しに使い、うまく判別できることを確認できた。